特に知名度が高い地域 | 地域を知って更に楽しく、ソープでいつもの風俗と違った一時を
menu

特に知名度が高い地域

紫の服を着ている女性

ソープ街と呼ばれる地域は日本各地に存在しています。
ソープ街は各地域ごとに特徴があり、そのソープ街に存在しているソープは、その地域の特徴を非常に色濃く受けています。
そんな特徴的な地域であるソープ街ですが、その中でも特に知名度が高く、ソープという風俗店の名称を知っていない人や、本来知っていてはおかしい年齢の人でも名前を聞いたことがある程の知名度を誇るソープ街があります。
その場所は吉原という場所です。

吉原は古くから花街として非常に有名な地域です。
現在の吉原は新吉原と呼ばれる場所で、現在吉原が存在する地域に移転を行うまでは元吉原と呼ばれる地域に遊郭街が存在していました。
元吉原から現在の吉原である新吉原と呼ばれる場所に移転が行われるきっかけとなったのは明暦の大火と呼ばれる江戸の非常に広い範囲が火事によって燃えるような大火事が起こったことがきっかけで、おそらく多くの人が吉原という場所を知ったきっかけは歴史の授業でこの明暦の大火を習ったことがきっかけでしょう。
このような大きな火事によって元吉原が消失したことにより、現在吉原が存在している場所に新吉原が作られ、今現在まで変わらず吉原は存在しています。
そしてこの吉原という地域の特徴ですが、古くから遊郭が存在していた名残か価格帯が高価格帯のソープである高級店や超高級店と呼ばれる店舗が非常に多いという特徴があります。
したがって、ソープを利用して楽しむ際になるべく高価格帯の店舗を利用して楽しみたいという風に思っているのであれば、この吉原を利用して楽しむことによって、多くの選択肢の中からより自分好みの店舗を利用して楽しむことができるでしょう。